Prof. Ken Sakamura

坂村 健

東京大学大学院 情報学環教授 工学博士


略歴

  • 1951年 東京都生まれ.
  • 1971年 慶應義塾高等学校卒業
  • 1974年 慶應義塾大学工学部電気工学科卒業
  • 1979年 慶應義塾大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程修了(相磯研究室)
  • 1979年 東京大学理学部情報科学科助手
  • 1986年 東京大学理学部情報科学科講師
  • 1987年 東京大学理学部情報科学科助教授
  • 1996年 東京大学総合研究博物館教授(研究部・博物情報メディア研究系、大学院理学系研究科情報科学専攻教授併任)
  • 2000年 東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授
  • 現在に至る.
    専門は,電脳建築学 (Computer Architecture),情報工学.

学外における役職

  • YRPユビキタス・ネットワーキング研究所所長(2001年1月より)
  • TRONプロジェクトリーダー(1984年より)

受賞歴

  • 日刊工業新聞技術科学図書文化賞(優秀賞、第3回、1987年) 『TRONからの発想』
  • 武田賞(2001年)(リーナス・トーバルズ、リチャード・ストールマンとの共同受賞)
  • 紫綬褒章(2003年)
  • 日本学士院賞(2006年)
  • ITU 150周年賞(2015年)

最近の主な論文

  • 坂村 健: “INFOPRO2007 特別講演 イノベーション基盤としてのユビキタス”, 情報管理 50(12) 799-809 (2008/3).
  • 坂村 健: “INFOPRO2007 特別講演 イノベーション基盤としてのユビキタス”, 情報管理 50(12) 799-809 (2008/3).
  • K. Sakamura: “INFOPRO2007 special lecture: Ubiquitous computing as innovation infrastructure”, Journal of information processing and management, 50(12) 799-809 (2008/3).
  • Sakamura K.: “Ubiquitous computing as innovation infrastructure”, JOURNAL OF INFORMATION PROCESSING AND MANAGEMENT 50(12) 799. (2008).
  • K. Sakamura: “INFOPRO2007 special lecture: Ubiquitous computing as innovation infrastructure”, Journal of information processing and management, 50(12) 799-809 (2008/3).
  • Sakamura K.: “Ubiquitous computing as innovation infrastructure”, JOURNAL OF INFORMATION PROCESSING AND MANAGEMENT 50(12) 799 (2008).
  • 坂村 健: “ユビキタスと河川の安全: 特集 ユビキタス情報社会に向けた「次世代の河川管理」”, 河川, Vol.64, No.3, (通号 740) pp. 3~6 (2008/3).
  • 坂村 健: “ユビキタスと河川の安全: 特集 ユビキタス情報社会に向けた「次世代の河川管理」”, 河川, Vol.64, No.3, (通号 740) pp. 3~6 (2008/3).
  • K. Sakamura: “Ubiquitous computing and the safety of rivers”, N/A (2008/3).
  • 坂村 健: “インフラ・イノベーションとしてのユビキタス・コンピューティング”, Research Bureau 論究, Journal of the Research Bureau of the House of Representatives, 4, 9-17 (2007/12).
  • 坂村 健: “食の安全とユビキタス”, (特集 新技術は農業・食品産業に何をもたらすか) 先端技術を追う-その光と陰, 農業と経済 2007年12月号 (2007/12).
  • 坂村 健: “学術からの発信 ユビキタスでつくる情報社会基盤”, 学術の動向 12(10) 86-89 (2007/10).
  • K. Sakamura: “Dispatch from science: Building the next generation social infrastructure with ubiquitous computing”, N/A (2007/10).
  • 坂村 健: “イノベーション基盤としてのユビキタスコンピューティング”, 日本社会情報学会学会誌 19(1) 15-26 (2007/3/30).
  • K. Sakamura: “Ubiquitous Computing as Infrastructure for Innovation for the Future”, N/A (2007/3/30).
  • 坂村健: “ユビキタス社会と建築 (II 論考,< 特集> 初夢-建築への期待)”, 建築雑誌 122(1555), 26–29. (2007).
  • K. Sakamura: “Dispatch from science: Building the next generation social infrastructure with ubiquitous computing”, N/A (2007/10).
  • K. Sakamura: “Ubiquitous Computing as Infrastructure for Innovation for the Future”, N/A (2007/3/30).

講演等

  • 坂村健、”第1回 地域イノベーション創出シンポジウム基調講演「イノベーションとユビキタス」”、独立行政法人産業技術総合研究所関西センター、2009年2月26日
  • 坂村健、平成20年度「ユビキタス社会のガバナンス」シンポジウム基調講演、独立行政法人 科学技術振興機構、2009年3月5日
  • 坂村健、”ユビキタス技術を活用したユニバーサル社会”、内外情勢調査会主催研修会講演、2009年1月13日
  • 坂村健、”求められるイノベーションインフラとユビキタス”、関西電力監査懇話会講話 「ユビキタスイノベーション」、2009年2月3日
  • 坂村健、「新IT立国宣言」シンポジウム パネリスト、2009年3月9日
  • 坂村健、”ユビキタス空間情報社会基盤の実現による社会変革”、第2回情報学シンポジウム「情報学の展望」、2009年3月4日
  • 坂村健、”仮想世界と現実世界の融合を目指して~ユビキタス・コンピューティング・その可能性と未来~”、財団法人平成基礎科学記念財団、2008年6月22日
  • 坂村健、「学問のすすめ21」パネルディスカッション 「日本のアイデンティティ」、慶應義塾創立150年記念講演会、2008年9月23日
  • Ken Sakamura, “UBI Vision”, Ubiqiutous Summit 2008 Keynote speech, Finland Takes, Apr. 24, 2008.Ken Sakamura, “The Ubiquitous Computing Revolution”, International RFID Seminar 2008 Keynote speech、Apr. 25, 2008.
  • 坂村健、「ユビキタス・コンピューティングを支える組込みシステム技術」、ESEC特別講演、2008年5月15日
  • Ken Sakamura, “Ubiquitous Computing — The Future of Embedded Computer SystemsTRON Approach”, 精華大学、2008年10月29日
  • 坂村健、「ユビキタス社会-いつでも、どこでも、誰でも使えるコンピュータ社会を目指して」、開成学園、2008年5月24日
  • 坂村健、「トロンプロジェクトの新捗状況と2008年の展望」、トロンプロジェクト特別講演会、トロン協会、2008年5月28日
  • 坂村健、「ユビキタス・ミュージアム」、全国美術館会議 第55回総会 特別講演、2008年5月29日
  • 坂村健、”仮想世界と現実世界の融合を目指して~ユビキタス・コンピューティング・その可能性と未来~”、楽しむ科学教室、財団法人平成基礎科学記念財団、2008月6月22日
  • 坂村健、”ユビキタス・インフラとユニバーサル・デザイン”、全視協まちづくり集会2008 講演、2008年6月29日
  • 坂村健、「独創性からイノベーションへ」、第1回グローバルみらい塾 講演会、2008年7月2日
  • 坂村健、「制度イノベーションがタクシーを変える」、タクシー問題懇談会 基調講演、2008年7月3日
  • 坂村健、”Wireless Sensor Network Dice and Its Application”、杭州講演(杭州市政府主催博覧会)、2008年9月5日
  • 坂村健、”ユビキタスイノベーション”、OKI講演会、2008年9月18日
  • 坂村健、「創造性からイノベーションへ」、平成20年度NTT三菱総合研究所後期集合研修 講演、2008年9月30日
  • Ken Sakamura, “The Internet of the Things ~ uID Approach”, Session 3B on “Applications and service of the mobile Internet”、Oct. 6, 2008.
  • 坂村健、「イノベーション基盤としてのユビキタステクノロジー」、第26期情報化推進懇話会(朝食会)基調講演、2008年10月16日
  • 坂村健、”持続可能都市のためのユビキタス”、米国土木学会(ASCE)日本支部総会20周年記念講演、2008年10月21日
  • 坂村健、「持続可能都市のためのユビキタス」、NSRI都市・環境フォーラム講演、2008年10月23日
  • 坂村健、”サステナブルとユビキタス”土木学会「情報利用シンポジウム」特別講演、2008年11月7日
  • 坂村健、「ユビキタスイノベーションどこでもコンピュータが世界を変える」、熊本大学講演、2008年11月10日
  • 坂村健、「ユビキタス社会の到来」、「正論」懇話会 講演、2008年11月11日
  • 坂村健、「ユビキタス・コンピューティングとTRONプロジェクトについて」、「テクノフロンティア21 エレクトロニクスショー2008」 講演、中部エレクトロニクス振興会、2008年11月12日
  • 坂村健、「オープンアーキテクチャの時代のT-Engeine/T-Kernel」、ET2008特別講演、2008年11月19日
  • 坂村健、「環境とIT、最先端を学ぶ」、“Club Willbe” Kickoff Program 2008 鼎談 ~大人のための教養講座~、2008年12月6日
  • 坂村健、”TRON Project 2009″、TRONSHOW2009 基調講演、2008年12月10日
  • Ken Sakamura、”Food Traceability with Ubiquitous ID Technology”、食品安全と履歴とレーシング国際シンポジウム、台湾経済部商業司、2008年12月22日
  • 坂村健、「新IT立国宣言」シンポジウム パネリスト、2009年3月9日坂村健、”ユビキタス空間情報社会基盤の実現による社会変革”、第2回情報学シンポジウム「情報学の展望」、2009年3月4日

著書

単著

  • 坂村健: “ユビキタスとは何か – 情報・技術・人間”, 岩波書店 (2007/7).
  • 坂村健: “変われる国・日本へ イノベート・ニッポン”, アスキー (2007/3).
  • 『ユビキタスでつくる情報社会基盤』(東京大学出版会, 2006年)
  • 『グローバルスタンダードと国家戦略』(NTT出版, 2005年)
  • 『ユビキタス、TRONに出会う――「どこでもコンピュータ」の時代へ』(NTT出版, 2004年)
  • 『TRON DESIGN 1980-1999』(パーソナルメディア, 2003年)
  • 『ユビキタス・コンピュータ革命――次世代社会の世界標準』(角川書店[角川oneテーマ21], 2002年)
  • 『21世紀日本の情報戦略』(岩波書店, 2002年)
  • 『情報文明の日本モデル――TRONが拓く次世代IT戦略』(PHP研究所[PHP新書], 2001年)
  • 『痛快!コンピュータ学』(集英社インターナショナル, 1999年, 集英社文庫, 2002年)
  • 『コンピュータはどこへ』(岩波書店, 1998年)
  • 『コンピュータ いま何がなぜ?』(読売新聞社, 1996年)
  • 『電脳激動――Final frontier』(日刊工業新聞社, 1993年)
  • 『電脳未来論――トロンの世紀』(角川書店, 1989年)
  • 『電脳社会論――TRONの予言』(飛鳥新社, 1988年)
  • 『TRONを創る』(共立出版, 1987年)
  • 『TRONで変わるコンピュータ』(日本実業出版社, 1987年)
  • 『TRONからの発想』(岩波書店, 1987年)
  • 『電脳都市――SFと未来コンピュータ』(冬樹社, 1985年)
  • 『コンピュ-タ・アーキテクチャ――電脳建築学』(共立出版, 1984年)
  • 『快適生活の技術』(光文社, 1983年)
  • 『コンピュータとどう付き合うか』(光文社, 1982年)

共著

  • (清水謙多郎・越塚登)『大人のための「情報」教科書』(数研出版, 2003年)
  • (竹村健一)『ユビキタス社会、始まる――すべてのモノにコンピュータを』(太陽企画出版, 2004年)
  • 平林 俊一, 末竹 弘之, 川上 正平, 平林 洋介, 後藤 渉, 坂村 健 : “WideStudio徹底ガイドブック―組込みシステム用GUI統合開発環境の決定版”, パーソナルメディア (2004/11).
  • 坂村健(共著): “情報A(高等学校検定教科書)”, 数研出版 (2003).
  • 坂村健(共著): “情報B(高等学校検定教科書)”, 数研出版 (2003).
  • 坂村健(共著): “情報C(高等学校検定教科書)”, 数研出版 (2003).
  • 坂村健(共著): “大人のための情報教科書”, 数研出版 (2003).
  • 坂村健(共著): “デジタルミュージアム構想”, 雄山閣出版 (2000).
  • 坂村健(共著): “ビジネスモデル特許の行き過ぎがかえって公共性を損なう”, 文藝春秋 (2000).
  • 坂村健(共著): “映像がもたらす内なる進化”, 財団法人千里財団 (2000).
  • 坂村健(共著): “爆発するインターネット 過去・現在・未来を読む”, オーム社出版局 (2000).
  • 坂村健(共著): “来世紀のコンピュータ”, 東京大学新聞社 (2000).
  • 坂村健(共著): “マルチメディア情報学No. 11 自己の啓発”, 岩波書店 (1999).

編著・監修等

  • 社団法人トロン, 坂村健: “組込みシステム実践プログラミングガイド uITRON仕様OS/T-Kernel対応”, 技術評論社 (2008/7).
  • T‐Engineフォーラム, 坂村 健: “T‐Kernel標準ハンドブック 改訂新版”, パーソナルメディア (2005/6).
  • 平林 俊一, 末竹 弘之, 川上 正平, 平林 洋介, 後藤 渉, 坂村 健 : “WideStudio徹底ガイドブック―組込みシステム用GUI統合開発環境の決定版”, パーソナルメディア (2004/11).
  • 坂村健、竹村健一: “すべてのモノにコンピュータを:ユビキタス社会、始まる」”, 太陽企画出版 (2004/6).
  • 坂村健: “トロンの夢・ひとの夢”, 協和発酵工業 (2004).
  • PMC研究所 (編集), 坂村 健: “はじめてみよう体験版で超漢字―TRONへのファーストステップ”, パーソナルメディア (2004/1).
  • 坂村健: “ユビキタス, TRON に出会う:「どこでもコンピュータ」 の時代へ”, NTT 出版, 東京. (2004).
  • 坂村健: “ユビキタス、TRONに出会う:どこでもコンピュータの時代へ」”, NTT出版 (2004).
  • 坂村健: “ユビキタス社会がやってきた”, NHK人間講座, 日本放送出版協会 (2004).
  • 坂村 健, 蓮實 重彦: “デジタル小津安二郎―キャメラマン厚田雄春の視 坂村 健 蓮實 重彦”, 東京大学総合研究博物館 (2003/9).
  • 坂村健: “大人のための「情報」教科書 (チャートBOOKS SPECIAL ISSUE)”, 数研出版 (2003/7).
  • T‐Engineフォーラム, 坂村 健: “T‐Kernel標準ハンドブック”, パーソナルメディア (2003/6).
  • 坂村健: “21世紀日本の情報戦略”, 岩波書店 (2002).
  • 坂村健: “ユビキタスコンピュータ革命”, 角川書店 (2002).
  • 坂村健: “uITRON4.0 標準ガイドブック”, 初版東京, パーソナルメディア株式会社. (2001).
  • 坂村健: “情報文明の日本モデル”, PHP研究所 (2001).
  • 坂村健(編著): “デジタルミュージアム2000”, 東京大学総合研究博物館 (2000/3).
  • 坂村健: “痛快!コンピュータ学”, 集英社 (1999/11).
  • 坂村健: “TRON DESIGN 1980~1999”, パーソナルメディア (1999/3).
  • 坂村健(監修): “マイクロスクリプト入門”, パーソナルメディア (1999/1).
  • 坂村健(共著): “マルチメディア情報学No. 11 自己の啓発”, 岩波書店 (1999).
  • 坂村健: “コンピュータはどこへ”, 岩波書店 (1998/4).
  • K. Sakamura(編): “μITRON 3.0: An Open and Portable Real-time Operating System for Embedded Systems: Concept and Specification”, IEEE CS Press (1998).
  • 坂村健(編): “デジタル小津安二郎”, 東京大学総合研究博物館 (1998).
  • 坂村健(監修): “マルチメディア子ども大図鑑”, 世界文化社 (1998).
  • 坂村健(編): “生命の科学”, 東京大学総合研究博物館 (1998).
  • 『デジタルミュージアム(電脳博物館)――博物館の未来』(東京大学総合研究博物館, 1997年)
  • 坂村健(監修): “BTRONマイクロスクリプト”, パーソナルメディア (1997/9).
  • 坂村健: “コンピュータいま何がなぜ?”, 読売新聞社 (1996/10).
  • K. Sakamura(編): “TRON Human Interface Specifications”, Personal Media Corporation (1996/3).
  • 坂村健(編著): “デジタルミュージアム”, 東京大学総合研究博物館 (1995/1).
  • トロン協会ITRON専門委員会, 坂村健(監修): “ITRON標準ガイドブック〈2〉”, パーソナルメディア (1994/12).
  • 坂村健(監訳): “電脳強化環境”, パーソナルメディア (1994/12).
  • 坂村健(監修): “BTRONへの招待”, パーソナルメディア (1993/12).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Communication ControlInterface(CMISE), Vol. 9 of New Edition of CTRON InterfaceSpecification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/9).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Data Storage ControlInterface(General File Management, Database Management), Vol. 4 of NewEdition of CTRON Interface Specification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/9).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Design Guidance :FaultTolerance, Appendix 1 of New Edition of CTRON Interface Specification.Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/9).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Execution ControlInterface, Operation Administration and Maintenance ManagementInterface, Vol. 5 of New Edition of CTRON Interface Specification.Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/9).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Design Guidance :Software Portability, Appendix 2 of New Edition of CTRON InterfaceSpecification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/8).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. I/O Control Interface,Vol. 3 of New Edition of CTRON Interface Specification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/8).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Kernel Interface,Vol. 2 of New Edition of CTRON Interface Specification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/8).
  • 坂村健: “電脳激動”, 日刊工業新聞社 (1993/7).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Communication ControlInterface(MHS/MTA, MHS/MS, OSI/TP), Vol. 8 of New Edition of CTRONInterface Specification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/3).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Communication ControlInterface(CASE/P, FTAM, Syntax Conversion Utilities), Vol. 7 of NewEdition of CTRON Interface Specification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/2).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Communication ControlInterface(Layer Common, Basic Communication Control), Vol. 6 of NewEdition of CTRON Interface Specification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/2).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Communication ControlInterface(ISDN User Control), Speech Path Control Interface, Vol. 10of New Edition of CTRON Interface Specification. Ohmsha, Ltd.”, Ohmsha, Ltd. (1993/1).
  • K. Sakamura(編): “mITRON 3.0 Standard Handbook. Personal MediaCorporation”, (1993).
  • K. Sakamura(編): “TRON Human Interface Specifications. TRONAssociation: English Version of TRON Human Interface Specifications for Computers in Everyday Life”, Personal Media Corporation (1993).
  • トロン協会, 坂村健(監修): “ITRON標準ガイドブック〈’92‐’93〉”, パーソナルメディア (1992/12).
  • 坂村健: “CTRON Technical Committee of TRON Association. Outline of CTRON,Vol. 1 of New Edition of CTRON Interface Specification”, Ohmsha, Ltd. (1992/11).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “BTRON1 Programing Standard Handbook. Personal MediaCorporation”, PersonalMedia Corporation (1992).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “BTRON2 Kernel Standard Handbook. Personal MediaCorporation”, PersonalMedia Corporation (1992).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “ITRON Standard Guidebook ’92-’93. Personal MediaCorporation”, PersonalMedia Corporation (1992).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “ITRON/FILE Standard Handbook. Personal MediaCorporation”, PersonalMedia Corporation (1992).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “TRON Standard System Bus TOBUS. TRON Association”, TRONAssociation (1992).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “TRON Standard System Bus TOXBUS. TRON Association”, TRONAssociation (1992).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “TRON-specification CHIP Standard Guidebook. PersonalMedia Corporation”, PersonalMedia Corporation (1992).
  • K. Sakamura, Ed. (編): “TRON-specification FPU Standard Handbook. PersonalMedia Corporation”, PersonalMedia Corporation (1992).
  • トロン協会, 坂村健(監修): “トロン仕様チップ標準ガイドブック”, パーソナルメディア (1991/9).
  • K. Sakamura(編): “BTRON1 Specification AV Manager Specification. TRONAssociation”, TRONAssociation (1991).
  • K. Sakamura(編): “TRON Specification Chip Architecture Overview”, TRON Association (1991).
  • K. Sakamura(編): “TRON-specification VLSI CPU StandardHandbook. Personal Media Corporation”, Personal Media Corporation (1991).
  • 坂村健(編): “TRONプロジェクト ’90-’91”, パーソナルメディア (1991).
  • K. Sakamura(編): “BTRON2 Specifications Software Specifications – ver0.1. Sakamura Laboratory, Faculty of Science, University of Tokyo”, Sakamura Laboratory, Faculty of Science, University of Tokyo (1990).
  • K. Sakamura(編): “ITRON Specification ITRON2. TRON Association”, TRONAssociation (1990).
  • K. Sakamura(編): “mITRON Specification. TRON Association”, TRONAssociation (1990).
  • K. Sakamura(編): “Specification of the Chip Based on the TRONArchitecture. TRON Association”, TRONAssociation (1990).
  • K. Sakamura(編): “TRON Specification Chip Standard AssemblerSpecifications”, TRON Association (1990).
  • K. Sakamura(編): “TRON Specification Chip: Guide Book for theConstruction of Evaluation Systems”, TRON Association (1990).
  • 坂村健(編): “TRONプロジェクト ’89-’90”, パーソナルメディア (1990).
  • K. Sakamura(編): “BTRON1 Specification Software Specification. TRONAssociation”, TRONAssociation (1989).
  • 坂村健(編): “TRONプロジェクト ’88-’89”, パーソナルメディア (1989).
  • 坂村健: “新版TRONで変わるコンピュータ”, 日本実業出版社 (1988/12).
  • 坂村健: “TRON概論”, 共立出版 (1988/6).
  • 坂村健: “コンピュータの時代3 電脳未来論”, 角川書店 (1988/5).
  • 坂村健(監修): “ITRON入門”, 岩波書店 (1988/4).
  • K. Sakamura(編): “BTRON/286 Specification Summary. TRON Association”, TRONAssociation (1988).
  • K. Sakamura(編): “BTRON: TRON Keyboard Operation Summary. TRONAssociation”, TRONAssociation (1988).
  • K. Sakamura(編): “Enableware Specification -Extracts from BTRON MMIExternal Specification. TRON Association”, TRONAssociation (1988).
  • 坂村健(編): “TRONプロジェクト ’87-’88”, パーソナルメディア (1988).
  • 坂村健: “電脳社会論”, 飛鳥新社 (1988).
  • 坂村健: “新版電脳都市”, 岩波書店 (1987/11).
  • 坂村健: “TRONを創る”, 共立出版 (1987/6).
  • 坂村健: “TRONからの発想”, 岩波書店 (1987/2).
  • K. Sakamura(編): “ITRON Specification. TRON Association”, TRONAssociation (1987).
  • 坂村健: “コンピュータ・アーキテクチャ 電脳建築学”, 共立出版 (1984/12).他坂村健(編): “TRON 仕様書 (編著) 40冊”.
  • 坂村健: “TRONWARE”, Vol. 1~111 (1990 – 現在).

その他雑誌・一般記事(最近のもの)

  • 坂村健、君島健之、”コンクリートのトレーザビリティについて”、コンクリート工学、47巻、2009年2月
  • 坂村健、”淘汰の風に耐え 進化を 多様な東京のレストラン”、毎日新聞、時代の風、2009年1月11日
  • 坂村健、”魅力ある世界 作れるか 地上波テレビの将来”、毎日新聞、時代の風、2009年2月15日
  • 坂村健、”持続可能都市のためのユビキタス”, NIKKEN SEKKEI Quarterly (2009 Spring)、株式会社日建設計, No. 24, p.15,  2009年3月
  • 坂村健、”「住基」超える「国民」カードで”、産経新聞、正論、2009年3月18日
  • 坂村健、”制度革新で景気刺激を 技術の進歩に法の壁”、毎日新聞、時代の風、2009年3月22日
  • 坂村 健: “INFOPRO2007 特別講演 イノベーション基盤としてのユビキタス”, 情報管理 50(12) 799-809 (2008/3).
  • 坂村 健: “ユビキタスと河川の安全: 特集 ユビキタス情報社会に向けた「次世代の河川管理」”, 河川, Vol.64, No.3, (通号 740) pp. 3~6 (2008/3).
  • 坂村健、”日本「カラクリ」で遅れ、携帯低価格の時代”、毎日新聞、時代の風、2008年5月4日
  • 坂村健、”いまこそ電子政府を目指せ”、産経新聞、2008年5月21日
  • 坂村健、”サマータイム反対論-試験的廃止提案を”、毎日新聞、時代の風、2008年6月8日
  • 坂村健、”ネット時代の危機管理-自己に厳しい姿勢必要”、毎日新聞、時代の風、2008年7月13日
  • 坂村健、”スイスの建築家の苦悩-「鳥の巣」ができるまで”、毎日新聞、時代の風、2008年8月17日
  • 坂村健、”理系離れ、賞で防止を-ノーベル賞の意義”、毎日新聞、時代の風、2008年10月26日
  • 坂村健、”空港、道路…変化に驚き 五輪後の北京訪問”、毎日新聞、時代の風、2008年11月30日
  • 坂村,健 入江,一: “Special Interview 日本を変えるイノベーション–坂村健氏 大いに語る”, 月刊アスキー, Vol.31, No. 5, pp. 35-37 (2007/5).
  • 坂村,健 鹿野,正人: “インタビュー ユビキタス情報社会と道路空間”, 道路, pp. 4-9 (2007/3).
  • 坂村 健: “人に優しい街を目指して – 「東京ユビキタス計画・銀座」にあたって”, UP, 36(3), 29-33 (2007/3).
  • 坂村,健: “ユビキタス・コンピューティングから見た国土–その未来 (特集 国土交通分野のイノベーション)”, JACIC情報, Vol.22, No. 4, pp. 5-15 (2007).