『地方の元気 シンポジウム』 オープン行政と地方の元気 −「最新の情報通信技術が生む、地方行政の新しい可能性」−

■主催 東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター
■協力 青森県
■日時 平成26年10月30日(木)13:00~15:00(12:30 受付開始)
■場所 東京大学 ダイワユビキタス学術研究館 3階 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
(http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html)

■登壇者
・髙村 薫(作家)
・三村 申吾(青森県知事)
・坂村 健(東京大学大学院情報学環教授、ユビキタス情報社会基盤研究センター長)

■開催趣旨
道路の損傷から街灯の故障まで、住民が気軽にスマートフォンで指摘する。それがネットで公開され公開入札となり、行政が業者に補修を指示し、業者は補修結果をスマートフォンで写真を添えて提出して完了——ソーシャルネットやスマートフォンなど最新の情報通信技術による住民参加型の新しい地方行政モデルが「gov2.0」として米国では盛んになっている。北欧を中心に高齢者の自己健康管理からコミュニティの維持にまで、スマートフォンを使う取り組みもなされている。
行政側の抱える様々な行政データをネットワークにより公開することで、それを利用するアプリを自由に作れるようにし、多くの人々、組織の努力を連携させる——その枠組みによって、新しい経済的可能性から行政の効率化、ボランティアまでつなげる「オープンデータ」という動きも世界では活発化している。
このように、最新の情報通信技術は、いままでなかった可能性を地方行政やコミュニティに与えているが、これは同時に一般の商業サービス以上に人間的配慮が必要な分野であり、プライバシーかパブリックか、ギャランティかベストエフオートか、など様々な選択を社会に突きつける。公平性の面からデジタル・デバイドの問題も大きい。
「情報通信技術は人間関係を阻害する」といった否定的意見も、「より多くの人と、地域的しがらみなしのコミュニケーションできる」という肯定的意見もあり、問題は技術的側面より、むしろ社会的、文化的——さらには心理的側面が大きな比重をしめる。
人間は変わらないが、状況は技術により変わる。未来を考えるには、両方の視点が必要。本シンポジウムでは、社会、文化、技術について縦横に語れる三人のパネリストにより、これらの問題について、その可能性から問題点、そして望ましい方向性について語っていきたい。
■参加申込
氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium_aomori@sakamura-lab.org までメールでお申し込みください。申込受付のお返事はいたしません(定員が超過しお断りする時のみご連絡します)。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、本シンポジウムの参加者管理の目的以外には使用いたしません。
———-

カテゴリー: News

情報学環・空間情報科学研究センター 共同シンポジウム「ユビキタスとオープンがもたらすモノ・人・場所の状況認識」

情報学環・空間情報科学研究センター 共同シンポジウム「ユビキタスとオープンがもたらすモノ・人・場所の状況認識」が、開催されます。ぜひ、ご参加ください。

■主催 東京大学大学院情報学環、東京大学空間情報科学研究センター

■日時 平成26年10月22日(水)14:00~16:30

■場所 東京大学 ダイワユビキタス学術研究館 3階 石橋信夫記念ホール

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_14_04_j.html

■開催趣旨

 環境中に多くのコンピュータやセンサを配置し、そこから集まる大量のデータを処理することで現実世界の状況を把握し、社会プロセスの効率化につなげるためのコンピューティングモデル――ユビキタスコンピューティング、IoT(Internet of Things)――の進展にともない、行政・流通・安全安心・災害対応など国民生活のさまざまな場面において、状況に応じた最適なサービスの提供が可能になっている。また、これらのサービスを実空間で展開するにあたり、「モノ」の認識と並んで「場所」の認識が重要となるとともに、「実空間」と「仮想空間」を関連づけるためのデータ基盤整備が進められている。さらには、このような「ユビキタス空間情報」時代における情報・地理教育の必要性も指摘されている。

 このような技術的・社会的背景のもと、東京大学大学院情報学環と空間情報科学研究センターでは、「空間―情報―人間」を総合的に扱う共同シンポジウムを定期的に開催している。今回は、「ユビキタスとオープンがもたらすモノ・人・場所の状況認識」と題して、モノ、場所、およびそれらの関係についての情報がユビキタスかつ自動的に得られる「ユビキタス状況認識社会」の実現、およびそのための技術体系がオープンでユニバーサルな形で利用できるように規定された社会の実現に向け、その現状と課題を議論する。

■プログラム(予定)

13:30 受付・入場開始

14:00-14:10 開会挨拶

 小口 高(東京大学空間情報科学研究センター・センター長・教授)

14:10-14:30 「ユビキタスとオープンがもたらすモノ・人・場所の状況認識」

 坂村 健(東京大学大学院情報学環・副学環長・教授/ユビキタス情報社会基盤研究センター・センター長・教授)

14:30-14:50 「都市縮小化と空間情報:小地域データと都市状況認識」

 浅見泰司(東京大学空間情報科学研究センター・空間情報科学連携ラボ長/大学院工学系研究科・教授)

14:50-15:10 「空間情報とオープンデータ」

 越塚 登(東京大学大学院情報学環・教授)

15:10-15:20 休憩

15:20-15:40 「10周年を迎えたオープンストリートマップが目指す次世代マップ」

 古橋大地(東京大学空間情報科学研究センター・特任研究員/マップコンシェルジュ株式会社・代表取締役社長)

15:40-16:00 「野生動物を用いた空間情報センシング:動物間ネットワークによる行動生態学の前進」

 小林博樹(東京大学空間情報科学研究センター・助教)

16:00-16:20 「ユビキタス場所情報と空間リテラシー」

 石川 徹(東京大学大学院情報学環・准教授)

16:20-16:30 質疑応答、閉会

■参加申込

 氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium_csis@sakamura-lab.org までメールでお申し込みください。申込受付のお返事はいたしません(定員が超過しお断りする時のみご連絡します)。お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、本シンポジウムの参加者管理の目的以外には使用いたしません。

カテゴリー: News

日本学術会議 公開シンポジウム 「ユビキタス状況認識と時空間データの新展開」

日本学術会議 公開シンポジウム 「ユビキタス状況認識と時空間データの新展開」が、開催されます。ぜひ、ご参加ください。

■主 催  日本学術会議情報学委員会ユビキタス状況認識社会基盤分科会

■共 催  東京大学大学院情報学環、ユビキタス社会情報基盤研究センター

■日 時  平成25年10月 4日(金)13:30~16:30

■場 所  東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館9階92B教室

      (http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html)

■開催趣旨

 ユビキタスコンピューティングとは、遍在的にコンピュータ要素を環境中に組み込むことにより、いつでも、どこでも、誰でもが、コンピュータの情報処理能力を利用できるようにする技術体系のことを指す。それによって目指すのは、状況に応じた最適化サービスの提供であり、行政、流通、安全・安心、災害対応など、国民生活において大きな改革をもたらすことが期待されている。

 このような技術的・社会的背景のもと、日本学術会議情報学委員会ユビキタス状況認識社会基盤分科会では、場所情報が社会インフラとして整備された「ユビキタス状況認識社会」の実現に向けた議論を進めている。今回は、物の属性情報と時空間情報を統合した状況情報、およびその土台となるオープンでユニバーサルな情報社会基盤を確立する重要性を再確認し、将来のユビキタス空間情報社会の実現へ向けた現状と課題について議論を行うことを目的として、分科会シンポジウムを開催する。

■プログラム(予定)

 13:00    受付・入場

 13:30-13:35 開会挨拶

        坂村 健(東京大学大学院情報学環・教授、ユビキタス情報社会基盤研究センター・センター長、第三部会員・情報学委員会ユビキタス状況認識社会基盤分科会委員長)

 13:35-13:55 「ユビキタス状況認識と時空間データの新展開」

        坂村 健

 13:55-14:15 「ユビキタスサービスとオープンデータ」

        徳田英幸(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科・教授、連携会員)

 14:15-14:35 「街角のユビキタス状況認識とロボットナビゲーション」

        萩田紀博(株式会社国際電気通信基礎技術研究所知能ロボティクス研究所・所長、連携会員)

 14:35-14:55 「地籍調査とユビキタス空間情報」

        碓井照子(奈良大学名誉教授、NPO法人全国GIS技術研究会・理事長、第一部会員)

 14:55-15:15 「空間推論機能からみた住居表示システムの類型化」

        森田 喬(法政大学デザイン工学部・教授、連携会員)

 15:15-15:30 休 憩

 15:30-16:30 パネルディスカッション

■参加申込方法

 氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium_scj@sakamura-lab.org までメールでお申し込みください。申込受付のお返事はいたしません。定員が超過しお断りする時のみご連絡いたします。事前申込がない場合でも、当日会場に余裕があればご参加いただけます。

 お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、本シンポジウムの参加者管理の目的以外には使用いたしません。

カテゴリー: News

情報学環・空間情報科学研究センター シンポジウム 「ユビキタスで知る空間、ユビキタスで探る人間行動」

[会場が変更になりました] 東京大学大学院情報学環と空間情報科学研究センターが共催するシンポジウム 「ユビキタスで知る空間、ユビキタスで探る人間行動」が、開催されます。ぜひ、ご参加ください。

  • 日時 : 06月28日(金) 13:30~16:30
  • 場所 : 東京大学本郷キャンパス 情報学環 福武ホールB2F 福武ラーニングシアター
    • http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access/
    • (東京大学本郷キャンパス・工学部2号館 9F 92Bから変更になりました)
  • 申し込み
    • 氏名・所属・連絡先をご記入の上、symposium_csis@sakamura-lab.org までメールでお申し込みください。申込受付のお返事はいたしません。定員が超過しお断りする時のみご連絡いたします。事前申込がない場合でも、当日会場に余裕があればご参加いただけます。
    • お申し込みの際にご記入いただいた個人情報につきましては、本シンポジウムの参加者管理の目的以外には使用いたしません。
  • 主催 : 東京大学大学院情報学環、東京大学空間情報科学研究センター
  • 詳細はこちら
カテゴリー: News

平成26年度入試説明会

平成26年度の入試説明会が開催されます。坂村・越塚研究室を希望する受験生の方は、ぜひご参加ください!!!

総合分析情報学コース説明会

  • 日時 : 2013年 6月 1日 (土曜日) 10:00 ~ 11:30
  • 場所 : 東京大学本郷キャンパス・工学部2号館 9F 92B
    • http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_18_j.html
  • 詳細はこちら

学際情報学府入試説明会

  • 日時 : 2013年 6月 1日 (土曜日) 13:00 ~ 17:00
  • 会場 : 東京大学本郷キャンパス福武ホール地下二階ラーニングシアタ
    • http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp
    • 地下鉄丸の内線・大江戸線[本郷三丁目駅]から徒歩8分
    • 地下鉄南北線[東大前駅]から徒歩8分
  • スケジュール
    • 13:00~13:30 学際情報学府/情報学環 全体説明
    • 13:30~14:45 学環・学府 各コース紹介
    • 14:50~15:15 大学院生のプロフィール&就職・進学情報
    • 15:15~15:45 2014(平成26)年度入試説明
    • 16:00~17:00 各研究室のブース展示と研究紹介
  • 詳細はこちら
カテゴリー: News

日本学術会議 情報学委員会 シンポジウム

先日開催されたシンポジウムの発表資料を公開します。

日本学術会議 情報学委員会 シンポジウム

「震災直後および復興期における情報学の役割」

  • 主催 日本学術会議 情報学委員会 ユビキタス状況認識社会基盤分科会
  • 共催 東京大学 大学院情報学環 ユビキタス社会情報基盤研究センター
  • 後援 情報処理学会、電子情報通信学会、日本建築学会(予定)
  • 日時 平成 24 年 6 月 29 日(金)13:00~16:30
  • 場所 東京大学 福武ホール B2 階 福武ラーニングシアター

発表資料

講演1

講演2

講演3

講演4

講演5

カテゴリー: News